• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010
    09.28

    昨日のうちごはん。。。

    どうも~ こんにちわ!  チーです。
     

    今日のチー地方

    img_618339_15390713_8.gif  から   img_618339_15390713_20.gif   ときどき  img_618339_15390713_16.gif

    昨日は夕方から大荒れでしてね、夜の9時まえから これまた豪雨。
    しばらくして雨足は弱まりましたが、
    今朝までずーーーっと降り続いておりましたよ。

    今はムシ暑いくらいですよ~~~。   
    なんじゃ・こりゃ??ですけど、よーわからん空模様ですわ。


    一昨日の夜、
    「途中で○ちゃんに会ったら、くれてん」といって
    ことら達のお散歩に行っていた父ちゃんが、袋をぶら下げて帰って来ました。
    なんやろ??と中を見たら、
    小っちゃなお魚が2匹入ってました。

    ma7-kao6.gif  「ナニ貰って来たん???」
    pa6-kao7.gif  「鮎や アユ」
    ma7-kao6.gif  「フ~~~~ン」
    pa6-kao4_20100827140006.gif  「鮎、知らんのか??!」
    ma7-kao2_20100803165851.gif  「アユぐらい知ってるわっ!! ・・・・ けど、食べた事ない!」 
    pa6-kao.gif   「えぇぇぇーーー!! 食べたことないんか??」
    ma7-kao2_20100803165851.gif  「・・・・・・・・」
    ma7-kao1_20100803170005.gif  「川魚、臭いからいややねん」
    pa6-kao4_20100827140006.gif  「鮎は、特有の臭みはないで。 塩焼きにしたら、旨いで」
    ma7-kao1_20100803170005.gif  「そーなん?!」



    ・・・・・ という事で、チー家の『夜ごはん』はこれに決まりました。

    P10401841.jpg

    ・アユの塩焼き
    ・しろ菜とおあげさんの炊いたん
    ・冷やっこ


    はじめて口にした「アユ」でしたが、淡白でとっても・とっても美味しかったデス。
    これなら大丈夫!!
    (だれか アユ釣りに行かへんかなぁ~~~)



    母ちゃんがキッチンに立つと、必ず ココで待つ仔。P10400821_20100928170404.jpg

    そんな嬉しそうに見上げても・・・・  
    いつも・いつもは落ちませんっっ。。。。てば!!



            今日も 最後まで読んでくださって ありがとうで~~す  


    にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ


    スポンサーサイト
    Category: ひとり言 Comment:10  Trackback:0
    2010
    09.22

    ズリ・・ ズリ・・・ ズリ・・・・

    どうも。。。  チーです。   こんにちわ~~~! 

    今日のチー地方

    曇り                   雨
    img_618339_15390713_20.gif   午後から時々   img_618339_15390713_19.gif らしい。。。。


    夜、所によってはかなりの雨量とか言ってたけど、、、、 やだなぁ。。。


    母のことでなかなか落ち着かなかったので、登場頻度が激減した
    我が家の3パピ
    とりあえずは、元気です。 (とりあえず??? 爆)

    いや とってもパワフルでございます。  ハイ! 
      

    これは、今週の日曜日の出来事。
    相変わらずのカメブログで非常に恐縮でございます。


    夕食が終わってホッとしながらテレビを見ていた、父と母。

    ザザザ・・・・・・???

    キッチンから、なんか引っ張ってるような音がしてるんですよね。
    「なんの音??」とは思ったけど、さほど気にせずTVに集中。


    そしたらねっ、 
    ズリ・ズリ・ズリ と 音が近くなって来たじゃないの!!
    「なっ・ナニ????」 と思って見たら


    この仔がぁーーーーー!!


    P1020269-crop1.jpg

    『エヘ』 やなくて・・・・・・・・・・・



    こんな 『物』 キッチンから、引き摺って来てました。
    それ見て 母ちゃん ビックリですよっっ!!!

    P10401811.jpg

    ma7-kao1_20100803170005.gif  いやいや 「落ちてた」 んやなくて 「置いて」 あったの。
    日本語は、正しく使いましょう~~~。


    P10401821.jpg
    ma7-kao3_20100803165859.gif ダレのでもないんですけど

    P10401801.jpg

    ma7-kao6.gif  「なんでち」ってね、これ、ゴミ箱の中蓋やんっっっ!!


    ちなみに、なぜりきがこれを引き摺って来たのかというと
    翌日がゴミの収集日だったので、母たんがゴミを出して、あとゴミ袋をセットせずに
    忘れていたのです。


    で、どうやって持って来たかなんですが、凹んでる所があるでしょ。
    そこを咥えてね、引き摺って来たんですよっ。
    四角い中に身体が入ってました。


    しかも、大きな勘違いしてるといけないから言っときますが
    決して 『ボクの』 じゃないから。。。。。

    そこんとこ ヨロシクッッ!


    P1020269-crop11.jpg



    (久しぶりに大きな声出して 笑いました。)


           
             最後まで読んでくださって ありがとうで~~す  



    にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ


    Category: ことら&りき&もこ&きい太 Comment:27  Trackback:0
    2010
    09.17

    ご無沙汰致しましたぁ~~~

    こんにちわ チーです。

    前回の記事から、随分ご無沙汰をしてしまいました。
    母がなくなってから、明日で三七日です。
    早いですね。
    私自身も、随分落ち着いてきたかな と思います。

    でもね、何かをするという気持ちが起こらないんです。
    母が亡くなったと言う事実は、私が想像している以上に大きいのかもしれません。
    自分では感じてないんですが、やっぱり疲れてるんでしょうかねぇ~。


    先週のことを今頃で申し訳ないのですが、
    カイとハナのすてきな毎日の かいままさん から、母へのお供えにと
    素敵なお花をお送り頂きました。

    P10401781.jpg


    ネッ! 清楚で・・・ それでいて 凛 とした お花でしょ!!!

    私 もう めちゃくちゃ感動しちゃいました。

    手前味噌で恐縮なんですが、
    家のお母さんね 普段は大人しくて いらんことは言わない人だったんです。
    かと言って 暗くはなかった。

    口数は決して多くはなかったけど ココぞっ!!と言う時は
    父も私もビックリくらい 度胸のある人やった。
    ある意味では、お父さんより 男らしく そんで怖かったかも?!



    ダレですかぁ~~? 
    誰かさんとは、えらい違いやねっっ!!  ・・・・なんて言った人は。。。
    たしかに 間違いではありませんけどねッッ


    なんかね~
    このお花をジッと眺めていたら お母さん自身を見ているような
    そんな気がしました。

    かいままさん 本当にありがとうございました。


    それからね、母の訃報を聞いたと言って
    お供えを持って、お線香を上げに来て下さった方々。。。。
    P10401791.jpg

    こんなにたくさんの方に、手を合わせて頂いて・・・・
    また弔問に来て下さった方から、両親の色んなお話しをお聞きする事が出来ました。

    私が、知らんこといっぱいあった。
    両親のしらない面を知り、へぇ~~~と感心することしきり。

    お父さんもお母さんも  
    人様との繋がりを、本当に大切にしていたんですね。
    そのことをひしひしと感じる 娘 なのでした。

    Category: 母のこと Comment:6  Trackback:0
    2010
    09.08

    ☆ ありがとうございました ☆

                ~~~ 皆さまへ ~~~
        
          この度は亡き母へ、本当にたくさんのご弔辞を頂戴致しまして
          ありがとうございました
          心より お礼申し上げます。


          亡くなったその日、やっと自宅に連れて帰ってあげることが
          出来ました。
          弔問に来てくださった母の古い友人が
          「お母ちゃん、帰りたいってゆうてたから、よかったなぁ」
          としみじみ仰っいました。
          自分が帰ると、私に負担が掛かると思ったのでしょう。
          私に「帰りたい」とは、一言も申しませんでしたもの。
          お正月でも私が「帰ろな」と言っても、「帰れへん」と
          言っておりましたが、ムリに連れて帰りました。      
          親心だったんですね。
          亡くなってから、親の心を知るんですから・・・・
          情けないことです。
          お母さん ごめんな!

          派手なことが苦手だった母の意向を重んじ、
          主人も賛成してくれましたので、お葬式は「家族葬」で
          自宅で行う事に致しました。
          7年もの間 家におりませんでしたから 最後は自宅から
          送り出してやりたかったんです。
          その晩は、仮通夜を致しました。
          一人っ子の私を両親は大事に育ててくれましたから、
          見た目とは違い、けっこう「芯」が弱んです。  
          気持ちが、すぐ折れるしね。
          「この子、ほんまに大丈夫やろか?!」って、
          母さんもきっと心配していたと思います。
        
          だから、母を前に誓いました。
          「お母さん 心配せんでええよ。
          お葬式が終わるまでは、絶対泣かへんから。
          最後までちゃんとお母さんを送り出すからね。
          きちっと、遣り遂げるから。
          せやから今は、泣かせてな・・・・」
          その夜は、ほんまに泣きました。


          お蔭様で本初七日も、滞りなく済ませることが出来、
          今は淋しいと言うより、今まで家にいなかった母を連れて
          帰ってやれたという安堵感の方が強いですね。    
          淋しいと感じるのは、きっと49日の喪が明けてから
          なんだろうなぁ。
        
           
          お目に掛かった事もない皆さまばかりなのに、
          こんなにたくさんのお悔やみを頂戴致しまして、
          母は、本当に幸せ者だと思います。
          頂いたコメントを、何度も・何度も繰り返し読ませて頂きました。
          そのたびに 勇気を頂き・元気を頂き・そしてパワーを頂きました。
          
          「泣かない!」って決めたはずなのに、涙が溢れました。
          でもこの涙は、悲しい・淋しいだけの涙ではありません。
          コメントを下さった皆さまから伝わってくる心の温かさが、
          身に沁みた涙です。

          
          今、皆さまには ただただ 『ありがとう』 という感謝の気持ちで
          いっぱいです。
        
            
        
          クヨクヨすることが嫌いな母でしたから、
          いつまでもメソメソしていると
          「アンタ! いつまでメソメソしてんの!!」って
          叱られそうです。
          
          強くならなきゃ ねっ!  お母さん!! 
          
          
          だから仕事も、今日から復帰致しました。
          こちらもぼちぼち復活させて頂こうと思っておりますので
          これからも どうぞよろしくお願い致します。
          

          本来ならば、皆さまの所へ訪問させて頂き 御礼申し上げる
          べきではございますが、この場をお借り致しまして、
          急ぎ 御礼申し上げます。

          本当に ありがとうございました。


          
          (後日、伺わせて頂きます。 取り止めのない文章ですみません)
    Category: 母のこと Comment:9  Trackback:0
    2010
    09.02

    ☆ 天国に旅立ちました ☆

    去る 8月29日 午前9時25分
    89歳と7ヶ月の天寿を全うし 母が永眠致しました。
    最後は苦しむことなく、ふと眠ってしまったような 
    静かなそして穏やかな旅立ちでした。

    8月31日 お葬儀も滞りなく済ませました。

    母が生前中に賜りました 格別のご懇情に対しまして 厚く御礼申し上げます。


    27日の夕方 病院から電話があり、呼吸が荒くなって来たので
           酸素マスクを装着したとのこと。
           出来るだけ早く、来て上げて欲しいと。
           夜半、容態急変。
           装着していた、モニターの波長が乱れる。
           主人に連絡、主人が来てしばらく手を握ってくれて
           いましたら、波長が戻って来ました。

    28日 小康状態

    29日 朝 主人が来るのを待っていたかのように、到着後しばらくして
        心拍数・血中酸素・血圧共 低下。
        9時25分 永眠。


    8月16日より具合が悪くなってから、約2週間。
    本当に、よく頑張ってくれました。 
    最後は私と主人に手て握られ、苦しむことなく本当に安らかな
    穏やかな表情でした。
    立ち会って下さった先生や看護師さんも、
    「思い残すことはないと言う、お顔をされてますね」と仰って下さいました。

    看病に悔いはないと言えばウソになりますが、自分で出来るだけの事は
    出来たと思っています。
    だから 母もきっと喜んでくれていると思います。

    弔問に駆けつけて下さった方が、口々に
    「ほんま、きれいなお顔をされてはるね。
     亡くなったお顔の方が、遺影の写真より若く見えるやん!!」
    と言って下さいましたが、私には、その言葉がなによりうれしいです。
    そう言って頂けるだけで、、、、  
    それだけで、じゅうぶんです。


    最後は何の言葉も交わさず、逝ってしまったけれど、
    きっと母も満足してくれたと思います。
    私が嬉しいと思ったと言う事は、母もそう思ったと言う事なんだと
    思いました。

    母さん 苦労ばかりの人生でしたが、あなたは幸せだったんですね。
    母さん あなたは偉大でした。


    「母よ 
     あなたはなんと不思議な 豊かな力を持っているのか
     もしも あなたがこの世にいなければ
     帰るべき大地を失い われらは 永久に彷徨う」

    「幼子抱きて 汗ながし 尊き願初の使いをば
     果たせし日々の晴れ姿 誰か讃えん この母を」

    この詩は私が尊敬するある方が、
    母と言うのは、この世で最高に偉大な存在であると言われ、
    作られた詩であります。

    この詩を聞くたびに、「母」と言う偉大さを感ぜずにはおられません。


    最後に お母さん私はあなたの子供でよかったです。
    私を産んでくれて ありがとう。
    育ててくれて ありがとう。
    お母さん 本当にありがとね!
    長い間、お疲れ様。 
    ゆっくりと休んで下さい。

    先に逝った、お父さんともう会えましたか?
    とは言ってもイラチのお父さんやから、またせからしくして
    喧嘩してるんかな??


    皆さまには、たくさんの励ましを頂き、またご心配をお掛け致しました。
    本当にありがとうございました
    衷心より、感謝申し上げます。

    遅くなりましたが、いそぎご報告まで。
    Category: 母のこと Comment:14  Trackback:0
    2010
    09.01

    【 タヌッキー?! 新入りさん?? 】

    どうも~~~ チーです。 おはようございます!

    昨日も今日もモーレツな暑さ。
    9月も中旬になろうと言うのに、いつまで続くんだよ。
    先週から少し涼しいのが続いたんで、よけいにこたえるこの老体。

    いにしえより(←いつだよ)暑さ 寒さも 彼岸まで なんて言われますけど、ほんとですねぇ~。


    マメ台風(ルカ)が明日まで家にいることになり、4パピでお散歩が大変。
    慣れたけど、一番大変なのがさぁウンP。
    チッコはお水を掛けておしまいなんだけど、ウンPはそーわいかない。
    だってぇー みんなそれぞれ(固いの・軟らかいの)だしさ しゃがんで取ってると四方に引っ張るし

    「ごォらぁ--」 と母ちゃんの声が響き渡る。
    父ちゃんさぁ、4パピ連れてよくお散歩に行くよ。 尊敬に値する。


                      


    今日はね、新しく家に来た新入りさんをご紹介いたします。


    でわ  どうぞ~~~~


    1P1040469.jpg



    この自己紹介 必要ある??  しかも 長いし!!
    てか、ここでエールを送るって・・・・
    それに甲子園デビューが夢かもしれないけど、そりゃかなり難しい。。。。

    だってアナタの鎮座まします場所は ココ(台の上だもの)
          |
          ↓

    1P1040470.jpg



    かなり うるさいんですケド!!



    ・・・ 以下は、どーでもいいこと・・・

    =タヌッキーが家に来た経緯=
    3日前、お昼休みに帰ったら父ちゃんがお友達と携帯で話しててね
    で、私と代わってっていうから代わったのよ。
    そしたら「信楽焼きのめだか鉢」をネットで検索してほしいって。

    それくらいは簡単なこと。
    だけど、、、

    よくよく聞いてみると
    なんでもその方のお友達が、前に買った大中小の3個で、7,000円のメダカ鉢の売ってる所を
    探してくれったって アナタ レシートもないお店の名前も忘れたって。
    あまりにもアバウト過ぎて、検索出来るわけないジャン。

    一応探しては見たけど、判る訳ないよ。
    結局見つからず、現地に行かれました。 それが一番手っ取り早いっ!!


    それで一件落着したんだけど、おしごとから帰ったらこの子がいたの。。。
    。。。以上



    Category: ひとり言 Comment:0  Trackback:0
    back-to-top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。