• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009
    04.02

    母に想う。。。の巻

    どうも~、おはようございます! チーです。

    今日は母の事について書きます。
    が、あまりいい話しではありませんので、皆さんにお読み頂くことではないんじゃないかと
    迷いました。だからブログに記そうかどうか悩みましたが、母のことを忘れないためにも
    残しておく事にしました。
    読みたくない方もいらっしゃると思いますので、その方はここでスルーして下さいませm(_ _)m。


    母は今年も元気にお正月を迎える事ができ、1月14日には89歳の誕生日を
    無事迎えることも出来ました。
    寝たきりで認知症も進んで来てはいるけれど、食事もしっかり摂れ今はとても元気です。
    だから今のままの状態で人生最後の時を穏やかにそして静かに迎えてくれればと
    常々願っております。

    母もきっと「我が人生に 悔いはない」と思っているのではないと思います。

    ところが2月の始め頃から、足の指が痛いと言い出しました。
    若い頃から人一倍辛抱強く、多少の痛みは我慢する人ですがこの痛がりようは尋常では
    ないなと感じました。(チョッとした事でヘタレて痛がる私とはえらい違いです。)
    私が見たところでは中指が赤くなり、少し腫れ中が膿んでいるように思いましたので
    看護師さんに見て頂き、化膿止めを処方してもらい暫らくは様子見をすることになりました。

    3月初旬、相変わらず足の痛みを訴え続けます。
    皮膚科の診察も受けてましたが、化膿しては治り・また化膿するを繰り返しており、
    皮膚の色もあまり良いとはいえない状態でした。
    中旬頃から、私の中で「もしかしたら・・・?! いやそんな事はない!!」
    との思いが錯誤していましたが、私としては、そうでないようにと祈るだけだったのです。

    しかし・・・。
    3月27日、皮膚科の先生より「壊死の可能性あり」と診断されました。
    糖尿病を煩っていらっしゃる方は、高血圧・動脈硬化とならんで多い合併症です。
    動脈硬化による血流閉塞で起こる病気でもあります。
    痛みを訴え初めてから私が皮膚の状態を目視してから、一番心配していたことでした。

    母は54歳で糖尿病を発症し(祖母が糖尿病でした)、食事制限や投薬で今まで体調を
    管理して来ましたが、若い方のようにこれから・・・と言うわけではありません。
    子供としてどんな状態であれ、いつまでも長生きはして欲しいとは思いますが、
    年も年だけにそうそう長く生きられるわけではありません。
    願わくば、静かに眠るがごとくお迎えが来て下さるように・・・と願っている毎日です。

    「壊死」と「壊疽」とは医学上は違うのでしょうが、医学書を調べても難しくて
    私にはよく理解出来ません。わかっているのは、
    ・両方共が血流が指の先端にまで届かないため起こる病気であること。
    ・細胞が腐って、切断を余儀なくしなくてはいけなくなるという事。
    この2点だけです。

    看護師さんからは状態にもよるけど、壊死?(壊疽?)の進行は早く、かなりの速さで壊死した
    箇所が進んでくると聞きました。

    ある程度の覚悟はしていたものの、それでもかなりのショックを受けました。
    ほんま落ち込みました。
    「お母さんは若い時から人に尽くすことはもちろん人には優しかったし、
    悪いことの一つもしてへんのに、人生最後の時を迎えようという時になんでこんな辛い目に
    合わなあかんの。あまりにも、残酷過ぎるんちゃう!!」
    と叫びたい・誰かを恨みたいという気持ちになりましたが、誰も悪くないし誰も恨むことは
    出来ない。その現状を、受け入れなければいけないのです。

    そんなことは重々承知してる、わかってる・わかってはいるけれど・・・

    若ければ切断と言う処置が取られるのでしょうが、「年齢も高齢なのでリスクが高過ぎる
    と言う事で、このままの状態で見ていく方がいいでしょう。」との事でした。
    (と言うより、そうするしかないようのです)
    痛みさえなければ良いのですが、かなりの痛みが伴うらしく本人はもちろんのこと
    それを傍で聞かなければならない私もほんとうに辛いです。



    あれから、5日が経過しました。
    病院に言っては、患部の状態を観察するのが毎日の日課になっています。
    今のところ、極度の進行は認められません。
    痛みも日によって違い、昨日はほとんどなかったようです。

    看護師さんの話しだと、
    「普通の壊死ならとっくに患部は広がってるけど壊死でも色々あるからね。
    それにもう1ヶ月以上もこの状態やから(今の処だけで)進行が止まってくれるかもしれない。。。
    そうなってくれればいいねんけどね・・・」
    と言って下さいました。
    まだまだ余談は許せませんが、私としてもこれ以上壊死が進行しないように、、、そう祈るだけです。

    それにしても、看護師さんの力って凄い!!と今更ながら思いました。
    家族が毎日不安を抱えながら来ている事を、わかって下さっているんですね。
    そう聞かされただけで、なんか少し「ホッ」とした気持ちになりました。 
    折れ欠けている私を気遣って掛けて下さった言葉だと思っています。
    心より感謝しています。 本当に、ありがとう。

    そんなことで落ち込んでしまいました。
    現実をしっかりと受け止めなければ、前には進めないとわかっています。
    でも、その事を受け入れ消化し気持ちの整理をするのに時間が掛かり、
    PCに向う元気がありませんでしたが、今書いておかなければいけないと思いました。
    忘れてはいけないと・・・
    だから勇気を出して、書き残すことにしました。

    いつまでもクヨクヨしてても仕方ないことです。それに、母はとても感のいい人です。
    私が落ち込んでいたら変に思うはず。。。
    これから先どちらの方向に進んでいくのかわかりませんが、がんばろうと思います!
    そう前向きになったら、今は少し落ちついています。

    がんばりますっっ!!

    のっけから暗い話しで誠に恐縮でしたが、最後までお読み頂いてありがとうございました。
    感謝しております。m(_ _"m)ペコリ。 

    私は元気です\(^O^)/  母も元気です(^^*)/
    IMG_01482.jpg
    トラックバックURL
    http://eiko06.blog92.fc2.com/tb.php/138-65ee4731
    トラックバック
    コメント
    NO TITLE
    チーさん頑張れ!!!!!

    我慢強い親が、「痛い痛い」って言い続けるそばで看病するのって、
    もう何とも言えないつらさですよね。
    これはもしかしたら経験者じゃないと分からないかもしれない。

    私、数年経った今でも何度も何度も夢に見ます。
    読んでいて、自分の義母(私にとっては実母のような人)を思い出して、
    涙が出てしかたないです。

    でも、それでも頑張るんですよね。
    だって行動するしかないから。
    分かりますよ。すごく分かります。

    「ブログにつらいこと苦しいことを書くべきか否か」。
    難しいですね。
    私はどちらでもいいと思います。
    「書いたこと」、あるいは「書かなかったこと」で、
    チーさんがチーさんらしくいられることが、一番大事だと思います。

    偉そうなこと沢山書いてごめんなさい。
    でも考えるとまた出せなくなるから思い切って送信します。
    ぼす子 dot 2009.04.07 22:39 | 編集
    御礼 申し上げますm(_ _)m
    激励コメントを下さった皆さま、本当にありがとうございました。
    心より、お礼申し上げます。

    頂いたコメントの一言一言から、「勇気」と「元気」と「前に進む力」を頂きました。
    環境はそれぞれ違いますが、色々なことを抱えながらがんばっておられる事を知って、
    私もがんばらなアカンと思えるようになりました。

    書き始めるまでは「ほんまにこんな事書いてええんかなぁ?」と
    自問自答しながら躊躇いながらでしたが、書き記してよかったと思いました。

    今のところ、病状に変化はみられません。
    今後どのような方向に進んでいくかわかりませんが、
    負けなよう・逃げないよう、でがんばらずにがんばります!!^^

    みなさん ほんとうに・ほんとうにありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
    チー dot 2009.04.07 14:34 | 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    dot 2009.04.05 15:32 | 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    dot 2009.04.04 20:12 | 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    dot 2009.04.04 07:44 | 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    dot 2009.04.03 19:08 | 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    dot 2009.04.02 22:54 | 編集
    気を送ります!
    お母様の症状が改善されますよう~気を送ります!

    拙者が高3の時、母が長期入院しました。大学受験を控えていた拙者は、当初、東京の私立に行くつもりでしたが
    母から

    そばにいてほしい

    と言われ、看病しつつ地元の大学に行きました。
    入りたかった野球部も断念しましたが、そのかいあって母が回復してくれました。
    そのことをふと思いだしました。
    英虎さんがそばにいらっしゃれば、お母様も気持ちが元気になっていい方向に向かうと信じてます。
    秀太ガンバ dot 2009.04.02 19:50 | 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    dot 2009.04.02 11:44 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。