• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010
    05.20

    口蹄疫。。。「声」

    mixi友さんのブログに転載されていました。
    出来るだけたくさんの方にも読んで頂きたいと思いましたので、
    転載させて頂きます。

    <関連記事 ↓ >
    http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1214076&media_id=2


    こんばんは

    突然のメールですが、みんなの少しの時間と目を貸してもらえたらと思ってメールしました。
    出来れば最後まで読んでくださいm(_ _)m

    もう既に知っている人がほとんどだと思いますが、4/20より宮崎では『口蹄疫』が発生しており、現在も拡大が止まりません。
    私たち畜産農家は一丸となってこの被害拡大を食い止めるために消毒を徹底して行っております。
    しかし、その努力も虚しく現在も拡大が広がり、5月17日の今日までに111例の疑似患畜が確認されており、殺処分対象頭数は8万5千頭を越えています。そのうち殺処分が完了しているのは約6割であり、残りの4割は未だに埋設地が決まらずに殺処分が行われておりません。
    その間にも感染した家畜の体内ではウィルスは増殖し続けています。

    また、牛に比べ豚の感染力は牛の3000倍とも言われており、それが拡大の原因の一つではないかとされております。
    被害農家への経済支援は著しい状況でしたが、発生から4週間たった今日、鳩山首相より『一千億円』の経済支援が行われることが決定されました。しかし、この対策により口蹄疫が鎮圧される訳ではありません。なにより遅すぎるのです。
     
    この4週間、県と農家は必死に感染拡大防止の為に力を尽くし、国に新たな対策をお願いしてきました。
    しかし、国は他人事のように『県でどうにかしなさい』というような対応をとってばかりでした。
     また、我々農家のトップである農水省の赤松大臣は、我々の声を代議士が魂を込めて伝えても、それをあざ笑うかのように聞く耳もたてずにいました。
    このような状況を未だにマスコミは隠そうとしております。
    そのような国の宮崎に対する発生からの対応を映像にしたものが、YouTubeに載っており『宮崎を見捨てた民主党』というタイトルの映像が物語っています。(少し古いですが)

    ですので、このメールを見た人は一度でいいので見てください。
    そして、国の宮崎に対する本当の対応を見てもらって、少しでも宮崎の悲惨な状況を知って、怒り・悲しみ・同情、何でもいいのでなにか感じてもらえたら有り難いです。

     自宅や学校・会社などで家族や友人・同僚誰でもいいので少しでも多くの人にちょっとした会話の中やメールの中などで、この真実を伝えてください。
    またブログなどしている人がいたら、少しでいいのでこのことを載せてもらえるとうれしいです。

     最後にここまで読んでくれたことを本当に感謝します。
    私たちは希望を捨てず、迫り来る恐怖と最後まで戦い抜きます。ですので、どうか力を貸してください。
    よろしくお願いします。




    トラックバックURL
    http://eiko06.blog92.fc2.com/tb.php/256-d3952d13
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。