• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011
    05.17

    【さ~て・・・・・ どーしたもんですかね?!】

    こんにちわ チーです。

    前回、家にお預かりワンちゃんが来たことをお話ししましたが、
    なぜあの仔たちが家にやって来たのかを、書いておきたいと思います。
    かなり長くなります。
     


    それは連休前 4月28日の真夜中のことです。
    お風呂から帰ったら、rubymama さん から、着信がありました。

    さっきお風呂で別れたばかりなのになんだろう?と思い電話をすると


    「突然で悪いねんけど、ティアラとルカを2日間 預かってもらわれへんやろか?!」

    「えっ 今から!!」

    「チョッと訳ありで。 理由は行ってから話すので、お願いします」


    お願いしますと言われても、夜中の1時やし。


    まずは、父しゃんに了解を取らないといけませんからね。
    その旨を話して「2日間やったら」と言うことで返事をし、30分後ママさんは
    2ワンを連れてやって来ました。


    1IMG_00401.jpg



    この2ワンを見るや否や当然のことながら、チー家の もこ姫 は大騒ぎです。
    真夜中やから静かにして、、、、と言っても、それは飼い主の都合の事で
    モコにしてみたら「アンタら なんやっ!!」 ですもんね、仕方ないです。

    小1時間ほどしたところで落ち着いて来たので、やっとその訳を聞くことが出来ました。


    実はこの仔達の飼い主さん、あることがあって会社を解雇(理由は申せませんが)
    されちゃったんです。
    その前からもこの不況で仕事もあったりなかったりで定収入がなく、
    お家賃も滞っていたようで解雇ともなると退職金も出ないですし、たちまち溜まっていた
    お家賃も払えなくなります。
    もちろん、今住んでいる所は出なくてはいけません。


    rubymamaさんやご兄弟との話し合いの結果、住込みで仕事を見つけるのが先決と言う結論になりました。
    ご本人は、この仔達を連れて行ける会社を探すと言っておられたようですが、
    ペット同伴で住込み出来る所なんて、そうそうあるわけがありません。


    それでも 最後まで手放すことだけは頑なに、拒否されていたようです。
    そりゃ そーですよね。 気持ちは痛いほどわかります。
    自分が落ち着くまで、どなたかに預かって頂けないかと言う希望も言っておられたようですが、


    rubymamaさんは
    「そんな先の見えない話に、この仔達を付き合せるわけにはいかない。
     この仔たちの事を一番に考えてあげないといけない。
     あっちにやられこっちにやられして、この仔達が落ち着く場所がないというのが一番可哀想やん。
     自分も生きていかなくてはいけないし、きついようやけど、この仔達を手放さなければならないような状況を作ってしまったのは、自分自身なんやからね!」


    と言われ(当然です)、周りからも促され、しぶしぶそれでも致し方なく手放すことを納得してもらったそうです。


    この仔達のパパさんは・・・ 本当に辛かったやろし、悲しかったことでしょう。

    でもね、それ以上にこのような決断を促さなければならなかったrubymamaさんの心中は、
    もっと辛かったと思います。
    ご自分もワンちゃんを飼っておられるし、飼い主の気持ちもよっくわかっておられます。
    ましてや自分家の仔達を手放すことなど、考えたこともないでしょう。
    それなのに、最悪の選択をさせなければいけなかったんですもの。


    私も飼い主さんと、2~3度お会いしたことがありますが、
    大人しくて温厚そうで優しそうなパパさんでした。
    この仔達のことも本当に可愛がっておられ、「生き甲斐なんです」と言っておられました。

    たしかにこのような状況を作ってしまったのは、飼い主さんの責任です。
    それでも最愛の仔達と別れなければならない、パパさんの事を思うと胸が詰まります。

    ・・・・・そうは思いますがーーー  人間はいいです。
    たとえ一人になっても働けば、なんとでも生きて行けます。

    でもこの仔達はそうはいかない。
    この仔達だけでは、生きてはいけない。
    最大の犠牲者は、この仔達なのです。


    この仔たちはとっても大人しくて、とてもかわいい仔たちです。

    この仔達に、なんの罪もありません。
    何もわからず突然知らない家に連れて来られ、それでも何かを感じているのですね。
    しっぽフリフリ愛想を振りまき、甘えてくるこの仔たちを見ていると、
    切なくて・やるせない気持ちでいっぱいになりました。


    rubymamaさんの所は、シニア犬に手が掛かるので・・・・ 
    一先ず2日間はお預かりし、その後の事は連休中に考えることにしました。


    そういった経緯があって、家にやって来たと言う訳です。



    がぁ~・・・・      その夜が大変でした。。。



    突然知らないお家に連れて来られたんですもの、当然落ち着くはずがありません。



    ・・・・・・・その夜のお話は 続くといたします、、、、
    (まだ続くんかい??って、そうまだ続きがあるんです)




    しばらくは家にいるので、ご紹介をさせて頂きますね!!



    1P1040395.jpg




    1IMG_0048.jpg




    しばらくは家でお預かりしますので、みなさんよろしくで~~す。



    今回もコメント欄はクローズにさせて頂きますね



    トラックバックURL
    http://eiko06.blog92.fc2.com/tb.php/345-4946d623
    トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。