• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011
    09.29

    【 家の仔 記念日。。。Part 1 】

    こんにちわ~。。。  チーです

    続く・・・・ と言いながら、すでに10日が経過。  
    相も変わらずのカメさん更新。

    なんだよ、すぐにでもUPするような感じだったのに、、、、

    そーなんです。 
    やっとこさ 重い腰(お尻かっ o(*^▽^*)o♪)を挙げた母ちゃん  ごめんなさいったら。。。。m(_ _;)m


    それでは、キー太を家の仔にしたかったワケを書きます。
    でもね それほど大層な理由ではないの。
    ダラダラと長くなりそうなので、おヒマな時に読んで頂ければうれしいなと思っとります 

    前々(こと&りきが2歳になった頃)から、女の仔が欲しかった母ちゃん。
    探してはいたんだけど、上手くいかなかったのね。
    思った仔を見つけて連絡をするけど、その時には飼い主さんが決まっちゃってたりして。。。

    そんな時、モコのお話があってモコが家ン仔になっちゃった。
    さすがに 今 新しい仔はムリ!!と思い、この時は一応諦めました。

    モコが来て一年が過ぎた頃モコも落ち着いて来たし、りきにお嫁ちゃんがほしいなぁと
    思うようになりました。
    でも小さなりきに合う 小さな仔を探すのは大変。
    いないのよねぇ~  



    そうこうしてるうちに、りきがパテラの手術を受けることになり、その時去勢手術を薦められたんだけど
    交配させたい旨を話すと主治医から
    「パテラは遺伝するので、あまり進められない」と言われちゃって
    子供を残せないのなら仕方がないので、思い切って去勢手術をすることにしました。
    (年取ってからの病気の事もあるしね)

    でも女の子が欲しい気持ちには変わりなく、あるブリーダーさんとお話を進めている時
    そのブリーダーさんから、
    「小さい仔がお望みなら・・・・ お鼻のところにエッジがあり、身体が小さ過ぎるんで、今まで出したことがなんですよ」
    と、キー太を紹介して下ったんです。
    送って来て下った写真を見た瞬間、 可愛えぇ~~ 母ちゃん 瞬時に 落ちましたぁ~~。


    それから1週間後、会いに行きましたよ。  

    そこには それはそれは 小さな 小さなパピちゃんがガラスケース越しにチョコン座ってるじゃない。
    母ちゃん 萌え・萌え~~~ ですよっっ!!
    中に入り、その小さな身体を抱き上げようとすると、逃げるように隅っこの方へ。
    捕まえて抱っこすると、私の膝の上で震えていました。
    そして、お膝からすぐに降りようとしました。

    その時、思ったの。
    「きっとこの仔は、この8か月間、あまり抱かれたことがないのかもしれない.....
     だから、抱っこされるとどうしたらいいのか、わからないんだわ」
     と。

    この世に生を受けたのに、里親さんの誰の目にも止まることなく、だれの手にも抱かれることなく、
    人の温もりさえも知らないで過ごして来た8ヶ月間だったのと思うと、胸の奥が痛くなりました。 

    女の仔やないけど、家の仔にしよう・・・・そう決めました。
    もうね 愛おしくて、すぐにでも連れて帰りたかったわ。


    でも、ブリーダーさんから、
    「両足の毛が薄くなってるんでもしかしたらアレルギーかもしれない。 
     それに咳のようなのもしているので、獣医さんに診てもらってからにしてほしい」

    と言われ、その日は置いて帰りました。

    それから三日後 お電話があり
    「獣医の見立てだと、身体が小さいため普通の仔より換毛期が遅い。 
     ハゲたようになっているけど心配はない。 咳もしてるけど、心配はない」

    とのこと。

    「それなら今週の日曜日 お迎えに行きます」
    とお返事をして、Rubymamaにお願いをして、一緒に行って頂きました。

    引取りに行った時もまだ咳はしてたけど、元気そうなので連れて帰ることに。
    帰りの車中でも、rubymamaさんちの仔たちにちょっかいを出して怒られてた。物怖じしない仔だと思ったわ。


    母ちゃんはルンルン気分だったけど、自宅が近くなりにつれ父ちゃんがいないことを祈った。
    だって了解をとってないんだもん。
    ケド・・・・・ その祈りは通じなかった。

    もう・・帰ってるし。。。  ・・・・・・・『天は われを見捨てたか』の心境だった。

    仕方ないっっ!!  母ちゃん キー太を抱き決死の覚悟で、自宅へIN (かなり大袈裟^^)

    いざ   父ちゃんと ごたいめーーーん 




    父ちゃんのご機嫌が悪くなっていくのが判ったわ。 
    でも これは想定内のこと。
    ことら&りき&もこの反応も想定内。 ウン・これなら大丈夫!!
    連れて帰っちゃったもん勝ち~~~~v.gif


    ・・・・・とまあこんなわけで、家の仔 決定~~~ 


    めでたし めでたし チャンチャン。。。



    1P1040489.jpg




    と 普通なら これで終わりになるんですが・・・・・・・。

    その夜・・・・。

               

    あまり長くなり過ぎるので、次回へ (続きは、絶対明日 ← ほんとかよ、たぶん)




    トラックバックURL
    http://eiko06.blog92.fc2.com/tb.php/379-88dbc8bd
    トラックバック
    コメント
    No title
    そういったワケありだったんですね~
    でも子供を産ませるとかって大変ですよね。
    初産は死産が多いとか、母体も危ないとか、あとは5頭とか生まれちゃったり
    可愛い子だけならいいケドそうじゃない子だって生まれる。
    体の不自由な子だって生まれるし、それを全部自分の家で育てる覚悟がなければ
    繁殖をしてはイケナイ…って何かで読んで、自分のウチではムリだなと思いました。

    キー太君、面かぶりちゃんなトコロがツボなんです(#^.^#)
    お顔が黒豆日記のタンバちゃんに似てませんか? 
    PrincessFantasyさんのウチの子とか…

    あ、キー太君 本当に耳の毛の生え方ポポロとよく似ていますね♪
    ポポロの一族は、パパさんは割と黒くてヘビーな耳毛なんだけど
    不思議と子供達は大人になっても「長いケド 茶髪でスカスカ」なのです。
    あまり似てない方がいいかもですよ☆(笑)
    ちょうどポポロのお耳の先っちょのお話を ルビーに引き続き、
    ブログで書こうと思ってました♪  今日か明日あたり!
    ルビマリママ dot 2011.09.30 14:59 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。