• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012
    04.06

    【 きい太 病気なのぉ?!の続き 】

    こんにちわ チーです。


    きい太の続きです。

    病院から帰ってきたきい太くん。 
    とっても とっても とっても とっても とっても とっても   元気ですよ~。  

    相も変わらず、よく食べ・よく遊び・よく寝て 絶好調~ 
    おまけを付けると、チッコもウンP こちらも絶快調~~。


    ほんま どこが悪いんや  
    いや悪い所なぞ ありゃしない  と思わせてくれています。(キー太の元気だけが、救いです)



    4.png4.png


    ≪3月31日 受診日≫
    入院していた時、外部へ出して頂いてた検査結果を聞きに行きました。

    その前に、血液検査。
    案の定 まだ注射針を刺されていないのに、この世の終わりと言わんばかりに鳴きちらす。。。
    母ちゃんが思うに、看護師さんに固定されるという行為自体が怖いんだと思います。
    散々喚き散らし、検査結果が出るまで待合室へ。
    母ちゃん 汗タラもんですわ。

    しばらくして、呼ばれ診察室へ。
    キー太くん ヘタレてます。

    「この検査結果を見ると、強いてという悪い数字は出てないんですけどねぇ・・・」
    「えっっ


    「エッッ  なにかあったんですか

    「いや、やっぱりタンパク数値が高いなぁと思って...」

    先生が検査結果と睨めっこして「えっ!」なんて言うもんだからさ、かなり悪い結果が出てたのかと一瞬
    血の気が引きそうになりましたけど、な~んだ そんなことかって思っちゃいました。


    で、血液検査の結果。

    BUN値 : 75
    CK値  : 51

    BUN値は相変わらず高いけど、CK値は前回からグーーンと下がりました。

    「今回と前回の検査結果を踏まえて言うと、筋肉の壊死・痙攣と言う可能性は非常に低い。
     したがって、今週予定をしていた筋肉を切り取るという手術はしないでも大丈夫でしょ」

    と仰って頂き、最悪の状況からは回避出来ました。

    よかった・ほんとに よかった!!  先生の言葉を聞きながら、なんども心の中でそう叫んでいました。


    でも問題は BUN値が思うほど下がっていないというです。
    点滴をした時には、若干低下したものの今回はまた上がってる。
    先生も首を傾げられていました。

    「この検査結果をもとに言うと申し訳ないですが、よくわかりません。 
     もう一つ調べたい事があるのですが、もしかしたら疾患の特定は難しいかもしれません。 
     しかしながら、この数値が高いのは安堵できるものではありません。
     腎臓と言うのは簡単に言うと、必要なモノは取り入れ、不用なモノは外に出すと言う働きをする器官ですが、
     きい太の場合、もしかしたら数値は高いけどそれなりに自分の中でうまく消化吸収して、均衡を保っている
     のかもしれない」

    と言うのが、先生の見解でした。


    7.png7.png


    他の検査など 先生 なんぼでもやって頂いて結構ですわ。
    とにかく今は「最悪の状態」にならなかっただけで、母ちゃんは心底ホッとしましたよ。

    毎回のお散歩のとき、もしかしたら来年、もしかしら再来年、こうやって元気にお散歩しているキー太の姿が
    見られなくなるんじゃないかと思っただけで、後ろ姿を見ながら涙ぐみ胸が痛くなり締め付けられていました。
    でももし仮に、キー太がどんな状態・どんな姿になろうと、キー太は私たちの家族です。
    最後まで諦めない!と言う気持ちは固まっていました。

    ココに遊びに来て下さっているお友達の皆さまも、もし愛しのわが仔がそんな状況になったとしたらきっと私と
    同じ答えであり、同じ気持ちになられることでしょう。

    今のところは、一安心です。


    今後のことですが
    週1で血液検査をして、BUN値を検査し様子をみます。 それしか今のところ方法はないのです。
    今後はどちらの方向に向いていくのか今の段階ではわかりません。

    が、、、、、、、、、

    冒頭にも記しましたが、せめてもの救い それはきい太がとても元気なことです。
    とっても 悪ガキです
    とっても よく食べます。
    とっても やんちゃです。
    いっぱい チッコをします。
    いっぱい ウンPをします。

    この 悪さには呆れますが 救われます。
    この 食いっぷりに 救われます。
    この やんちゃっぷりに 救われます。
    この どこでもチッコに 怒れます。
    この ウンPに 笑います。


    きい太 ・ キー太く~ん ・ きー ・ きーちゃん、元気だよね。 
    ことら兄ちゃんが りき兄ちゃんが もこ姉ちゃんが いつもそばにいるからね。
    なんの病気だかわかんないけど、病気なんかに負けるんじゃないよ~。
    それが 父ちゃん&母ちゃんの願いです。


    きい太のことについては、変化があればその時に更新します。


    ご心配をお掛け致しました。 
    ご心配を頂いた皆さま ほんとうにありがとうございました。




               最後まで読んでくださって ありがとうで~~す  


    にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ  よかったねのポチを頂けるとうれしいです。



     


    トラックバックURL
    http://eiko06.blog92.fc2.com/tb.php/433-beb0e01f
    トラックバック
    コメント
    No title
    サボリーヌ・ドゥ・ねぇさんです。。。。。。。

    おさぼりーしてる間に、、きーさん、とっても深刻な事になっていた

    お医者さまの告げる言葉は、どれも最悪の状況なことで
    そのたびに、我々飼い主は、びびり、泣き、、うろたえ。。
    覚えがありますわ

    元気なきーさんのお写真、、待ってますよ

    パピねぇさんよりxxxx
    パピねぇさん dot 2012.04.15 22:16 | 編集
    == お返事です ==
    皆さま ご心配をお掛け致しました。

    頂いたコメントがうれしくて・・・・・ 何度も読み返しては、涙してました。
    勝手に涙が出て来ちゃうんですよ。

    それなのに、こんなにお返事が遅くなっちゃってすみません。

    その後のきい太ですが、数値は相変わらず高い数値を示しておりましたが、
    とっても元気に過ごしております。
    このまま上手く付き合ってくれればいいのですが。。。。

    これからも定期的に通院・血液検査を続けなければなりませんが、少し安心できる状態になって
    きたようです。
    筋肉切除を免れただけでも、うれしいです。
    何か変化がありましたら、またご報告させて頂きます。


    皆さまから頂いた激励とお気遣いに父も母も心より感謝すると共に、これからもきー太の事を
    見守ってやって下さいませ。
    よろしくお願い致します。

    本当に・本当に、ありがとうございました。
    お返事は皆様のところへの訪問に代えさせていただきます


    チー dot 2012.04.13 10:33 | 編集
    No title
    心配してたけど、とりあえず、一安心だねー。
    元気が一番!!
    元気過ぎて、困ったわ~って悩む方が
    病気で。。。って悩むよりず~~っといいし(笑)

    キー太君、これからもどんどん困らせてあげてね。
    もちろん、元気!ででね(笑)
    7 dot 2012.04.12 18:17 | 編集
    No title
    よかったですね!
    あとは、無理せずじっくり付き合っていくしかないのですね。
    本当に手術にならなくてよかったです。
    きいちゃん、わんぱくでもいい、
    毎日元気に過ごしてね♪

    とびママ dot 2012.04.10 12:48 | 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    dot 2012.04.10 08:21 | 編集
    よかった!
    キー太君、よかったねーー。
    見た目元気なのに検査の為とはいえ、手術を受けるって、私もとっても悩むと思うもの。
    まずは一安心だね>チーさんもキー太君も☆

    通常値でなくとも、ある程度は対応出来るのが体の不思議かもしれませんねぇ。
    生命力と言いましょうか。
    もちろん経過を見守る必要はあるのかもですが、キー太君なら大丈夫!
    元気パワーで悪いのは吹っ飛ばそう♪
    dot 2012.04.09 16:03 | 編集
    No title
    よかった。

    手放しで喜べる状態ではないのかも知れないけど、まずは一安心♪
    元気で過ごしてくれているのが何よりですね。

    このまま何事も起こらず、ずーっと毎日楽しく過ごせますように!
    なおぴー dot 2012.04.07 23:27 | 編集
    No title
    前回からずっと心配していましたが、とりあえず「最悪の事態」は免れたようでほっとしました。
    原因が分からないのは怖いですが、元気でやんちゃなきー太君、頑張って欲しいです。
    チーさんも辛いでしょうが頑張って下さいね。
    そんなことぐらいしかいえなくてすみません
    でも言葉が見つからないです…
    ルークねえ dot 2012.04.07 17:02 | 編集
    No title
    良かったですね!!!
    一番心配されていた「最悪の事態」というのは脱したようですね。
    まずはひと安心。
    きっと一時的なものであって、大事に至らないことをお祈りいたします。
    マイケル神戸 dot 2012.04.06 21:20 | 編集
    No title
    こんにちは(^^)
    キー太君が元気でいてくれることが救いってほんとですね!
    数字よりも、実際に元気でいてくれることが大事。
    チーさんも大変でしたね(T^T)
    私もヘタレなので、チーさんの立場になったら
    病院で卒倒してしまうかもしれない( ̄∇ ̄;
    だって、前に神経の病気かもしれない、って言われただけで
    足がぶるぶる震えて、心臓が口から飛び出しそうだったもの(-_-;
    だけど、チーさんのいうとおり、卒倒しそうなほどショックだとしても、
    我が子がどんな姿になろうと、最後の最期まで愛しい存在であることには
    変わりないです!
    キー太君、そのままやんちゃで、母ちゃんを困らしてあげてね!(笑)
    ルカ dot 2012.04.06 18:13 | 編集
    No title
    前回と今回のブログを見てビックリしました!

    でも、本当に何事もなくて良かったね~(*^∀^*)
    BUN値の数値は気になるところだけど定期的に検査をすれば
    大丈夫なんだよね?!

    元気が一番!!ですね♪
    ミントママ♪♪ dot 2012.04.06 16:10 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。