• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012
    06.12

    【 きい太くん 元気がありません 】

    おはようございます! チーです。

    近畿地方も入梅しました。  
    これから約1ヶ月間、どんよりしたお天気になりますね。
    お洗濯物がスッキリ乾かないんで、ヤダなぁ~。



    lin_ajisai03.giflin_ajisai02.gif




    前ブログできー太の近況を「元気です!」ってご報告したばかりなのに、今週日曜日の夕方から元気が
    ありません。 
    (以下画像もなく、文章だけですみません。)

    それまではまったく変わりなく過ごしていたのに・・・
    母ちゃんが変だな?って気付いたのは、みんなに夕食の支度準備を始めた頃です。
    毎回 私の周りにハイエナの如く集まって来ては、何か落っこちて来ないかと母ちゃんの手元を突き刺す
    ような眼差しで見つめています。
    (母ちゃん面白くてね、たまにキャベツの芯なんかを落としてあげるんですよ~)
    そりゃもう取り合いです。 うちの仔達、みーんな食い意地が張っているんです。o(*^▽^*)oあはっ♪

    ところが、そこにきー太の姿はありませんでした。

    ma7-kao1_20100803170005.gif  「??・????」


    見ると、居間からチョコンと座ったまんまでこちらの見ているきー太の姿がありました。 

    ma7-kao1_20100803170005.gif 「?? 変やなぁ。 いつもなら一番に駆け寄って来るのに・・・・ やっぱ元気ないわ」 

    と感じた母ちゃん 傍にいた父ちゃんに 

    「きー太 元気ないよね、おかしくない??」 と言いますと
    「そーか? 今まで寝っとからやろ」 という答えが返ってきました。
    「そうかなぁ?? いや やっぱりおかしいと思うんだけどな」(心の中でつぶやいていました)

    母の感でしょうか、変だと思ったのです。


    それから食事をあげましたが、いつものようなガッツクきー太ではありません。
    むしろ 食べようとしません。


    「チョッとくらいは悪いかもしれんけど、元気がないわけやない。自分たちも食欲のない事もあるんやから、
     きー太も同じや!」


    そう言いながらも父ちゃんは、手で食べさせてくれました。
    でも、半分くらい食べただけで「もういらない」とそっぽを向きます。
    それでも半分は食べてくれました。まあ半分食べてくれたからいいかっ!。
    そう安心したのも束の間。

    食事が終わって、後片付けを済ませ ふときー太を見るとブルブルと震えているではありませんか!!


    やっぱり普通ではないと思った母ちゃん。
    「気になるから、病院へ連れて行って来るわ。」

    時間を見ると7時15分前。すぐ病院にお電話をして、状況をお話しすると連れて来て下さいとのこと。
    急いで連れて行きました。(日曜日の診察は7時までなのです)



    診察の結果 BUN値:77 高いけど変化なし。 ※CREA※CK値も正常値内。
    (前にも記述しておりますが、再度記述しておきます)
    (※CREA(クレアチニン)は、腎臓が正常にはたらいていれば、尿として体外に排泄されます。
       つまり血液中のクレアチニンが多いということは、腎機能が障害されているということになります。)


    (※CKは、「クレアチンキナーゼ(creatine kinase)」あるいは 
       「クレアチンリン酸キナーゼ(creatine phosphokinase)」といい、CKは本来筋肉の中にある酵素です。
       したがって、このCKの値が高いということは、筋肉の細胞がこわれたことを意味します。
       CKの値が高くなる病気としてあげられるのが「筋ジストロフィー」。
       筋肉が次第に変性、萎縮していく遺伝性の病気です。 
       以前よりCKという検査は、当初筋ジストロフィーに特異的な検査として使われていました。 
       しかし、検査の精度が上がるにしたがって、いろいろな筋肉の疾患でもCKの値が上がることがわかって
       きました。
       最近では、マラソンなどの非常に強い運動でも筋肉がこわれるためにCKの値が上がることや、
       さらに薬物の筋肉注射でも上がることもわかっています。
       また、CKは「心筋梗塞」の診断の最も力を発揮と言われています。 
       運動や筋肉注射によってCKの値が上がっている場合には、安静にしていれば回復しますが、
       それ以外の場合には、くわしい検査を受けて総合的に判断する必要があります。)




    今回の症状は免疫不全によるものではないとの見解でしたので、栄養点滴を受け帰ってきました。
    しかし、それから3時間経過しても一向に良くなる気配がありません。

    3時間ほど経った10時過ぎ、またブルブルと震え出しました。
    なんか、イヤな予感がしました。
    「もう一度、先生に電話して診てもらおか?」

    「さっき、点滴してきたばかりやしそんなに早く効いてくる訳ないやろっ」

    「でもどう見ても楽になってきたって感じじゃないやん!点滴を打ってもらったって、
     効いてる風にも思えないし」


    「触らんとそっとしといたった方がいい。自分らでもそうやろ。
     しんどい時にゴチャゴチャ言われたり・触られたりしたら余計にしんどくなるわ。」


    「きぃは普通の仔と違うんよ。チョッとしたことで、手遅れになるって言うこともあるし、
     そんな状態になってからじゃ遅いんよっ!」


    「そんなに気になるんだったら、自分が思うようにしたらええやろ!! 
     (病院に)連れて行こうと思うんだったら、そうしたらいい。」


    「そう言う事を言ってんじゃない! どうしてあげるのがいいのか相談してるんでしょ!」

    「だからさっきから言ってるやろ! ゆっくり休ませて、一晩様子を見たらいいんちゃうかって!」


    お互いがきー太を思うばかりの、口論になりました。 


    「ケンカするつもりなんてぜんぜんないのに。 だた心配なだけなのに。 どーしてケンカになっちゃうの?」
    会話のないまま、重苦しい空気が漂い時間だけが過ぎて行きました。

    余程 しんどいのか きー太は私の膝の上で眠っています。
    普段お膝の上で寝るという事はほとんどしない仔なんですが、進んで来る時と言うのは大抵体調がよくない時なのです。


    しばらくして、父ちゃんがボソっと
    「あした起きた時も元気がなかったら、病院へ連れて行ってくるから・・・」
    と言ってくれました。


    それで、早めに就寝することに。
    「どうか 夜中に何事も起こりませんように。。。。」と祈りながら・・・・・・。



    きい太はそれを聞いてか聞いてなかったかはわかりませんが、(たぶんしんどくてそれどころじゃなかったと思います)眠っておりました。


    一人が体調が悪くなるとね、寝る前の「持って来い・遊び」も、○○ちゃんがしんどからこれで終わりねって、短時間で終わっらされてしまうの。
    きっと他の仔たちは、ストレスが溜まっちゃうんだろうね~。 
    ごめんよ!! 明日はいっぱい遊んであげるから、今日は辛抱してね。



    あしたは 元気になぁ~~~~れ!


    lin_rainbow04.gif    つづきます。。。 
    トラックバックURL
    http://eiko06.blog92.fc2.com/tb.php/441-da415464
    トラックバック
    コメント
    == vivimamaさんへ ==
    viviたんが、大変な時なのにご心配かけちゃって・・・。
    それにコメントまで頂いちゃって申し訳ございません。

    > 今回のviviの件で、ある方からメールをいただいたのですが、参考になればと思いまして。あくまでも参考程度にお聞きくださいね。
    > きい太くんも、このブログの段階だと原因不明のようですよね?
    > その方のワンコさんも、ぶるぶる震えて心配になって病院に連れて行かれたそうなのですが、最終的には、肋間神経痛と診断されたそうです。
    ありがとうございます。
    早速先生にお尋ね致しました。先生が申されますには、今回は、その心配はないであろうというものの
    きぃ太の場合免疫不全ということもあって、今後の可能性は0ではないとのことでした。
    でも0出ない限り、いつそのような状態になるかわからないということですものね。
    その時にはどのように対処すればいいのか、今後も継続してお伺いし自分の知識として覚えておかなくてはいけないと思います。
    vivimamaさん、ほんとうにありがとうございます。

    チー dot 2012.06.14 15:59 | 編集
    == なつさんへ ==
    そうなんですよ。
    原因が判らないと言うのは、手当する方法もわからないと言うことなのでね。
    正直、凹みます。

    でもきぃ太が頑張っている以上、私が頑張らない訳にはいかないですもん。
    母もがんばります。

    > きい太くんの免疫さーん! がんばってーーー!!!
    ほんと免疫さんに頑張って頂くしかないです。
    がんばれーーー!!
    チー dot 2012.06.14 15:49 | 編集
    == ルークねえさんへ ==
    いつもありがとうございます。

    何人いたって可愛さは同じっていいますよね!
    ほんとそのとおりです。
    わが仔が元気ないとお互いが心配して、思うあまり、ケンカになっちゃう。
    父ちゃんの言う事も理解できます。
    でも気になりだしたらもうだめな性分なんで、その事ばかり気にしてる。
    私も非はあるんです。

    > ルークはてんかんくらいしか病気をもっていませんが、
    > ちょっと具合が悪いとすぐに病院に連れて行っては笑われてしまうので…。
    > パパさんもチーさんもお互いキータ君の事を考えているからこそのケンカですよね
    やはりそうですよね。
    ルークくんの場合も過信しちゃうと大変なことになっちゃいますもん。笑われたっていいです。
    早め・早めの手当が大事だと思います。

    > なんだか難しすぎて私には理解できない部分もありますが
    > キータ君が大変な病だと言うのはわかるので、心配です
    > あんな小さな体で戦うキータ君、絶対この戦いに勝って元気になってね
    > それがチーさんやパパさんや、このブログが好きで訪問する方々の願いでもありますから…
    実のところ私もよく理解出来てないというのが本音です。
    免疫不全っ、て言われても・・・なんですよ。
    ただ抵抗力がなくなっちゃうということくらいしかわからないです。
    食べ物とかもふくめて、これから少しずつでも勉強します。

    > 頑張れ、頑張れ!
    > 遠いこの力祈っています
    > どうか祈りが届きますように…
    ありがとう ほんとにうれしいです。 きー太も負けません。
    チー dot 2012.06.14 15:46 | 編集
    No title
    こんにちは、こんな時なので、みなさまのブログへのコメントは遠慮していたのですが、きい太くんが心配なので、コメント残させていただきます。

    その後具合はいかがでしょうか。

    今回のviviの件で、ある方からメールをいただいたのですが、参考になればと思いまして。あくまでも参考程度にお聞きくださいね。

    きい太くんも、このブログの段階だと原因不明のようですよね?

    その方のワンコさんも、ぶるぶる震えて心配になって病院に連れて行かれたそうなのですが、最終的には、肋間神経痛と診断されたそうです。

    最近気圧の変化が激しいので、神経痛が出る子もいるようです。

    きい太くんが早くよくなりますように。どうぞお大事に・・・
    vivimama dot 2012.06.13 09:52 | 編集
    No title
    きい太くん、がんばっているんですね…。
    原因がわからないと、その治療が合っているのか自信が持てず、不安でもどかしい思いをされていると思います。
    今回はまたいつもと違う症状のようですので、尚更心配ですよね…。

    早く食欲が戻って、元気なきい太くんになりますように。
    きい太くんの免疫さーん! がんばってーーー!!!
    なつ dot 2012.06.13 01:29 | 編集
    No title
    こんばんは
    大変な事になっていたのですね
    可愛いわが仔が元気ないと、心配する気持ちよく分かります
    ましてや原因不明の病気とあっては、その不安な気持ち察するに余ります
    そしてパパさんの「様子をみよう」という気持ちも分かります
    ルークはてんかんくらいしか病気をもっていませんが、
    ちょっと具合が悪いとすぐに病院に連れて行っては笑われてしまうので…。
    パパさんもチーさんもお互いキータ君の事を考えているからこそのケンカですよね

    なんだか難しすぎて私には理解できない部分もありますが
    キータ君が大変な病だと言うのはわかるので、心配です
    あんな小さな体で戦うキータ君、絶対この戦いに勝って元気になってね
    それがチーさんやパパさんや、このブログが好きで訪問する方々の願いでもありますから…
    頑張れ、頑張れ!
    遠いこの力祈っています
    どうか祈りが届きますように…
    ルークねえ dot 2012.06.12 21:07 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。