• *Admin | *Write | *Edit
  • --
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012
    07.21

    【 元気モリモリ!!・・・ 食事もモリモリ?? 】

    おはようございます。 チーです。


    近畿地方も『梅雨明け宣言』 

    今年は「梅雨明けを告げる?」 雨もカミナリもなく、明けちゃったよ。
    梅雨独特の湿っぽさはなくなったけど、やたら あ・つ・いっっ   

    ここ2~3日 気温もグングン上がり 35℃超えーーー。
    今日は曇りで、さっきまでバケツをひっくり返したようなキョーレツな  が 降ってました。
    暑けりゃぁ雨が降って欲しい思い、雨が降ればお日さまが恋しくなりまする。。。
    とかく人間とは身勝手な生き物でございますな。


    0-43.png


    さてしばらくご無沙汰致しておりましたわが家のきー太くん 
    みなさまには、ご心配ばかりをお掛け致しております。

    今日も記事まとめましたので、かなり長くなります。ご了承下さいませ~。


    色んなお薬を試しておりますが、未だにBUN値は上がったり下がったりの一進一退。
    きぃの場合、前にも記述致しましたが異常なのはBUN値だけ。

    「慢性腎不全」となるとBUN値だけではなく、他の腎不全を確定する(CREA値やK値Ca値)項目も比例して
    高い数字を示すのですが、こちらはほとんど正常値。
    これが病名を特定出来ない原因なんだそうです。

    で、いろいろな検査の結果 先生がもう一つ疑われたのが(注)尿崩症
    尿崩症ってなんだ  こんな名前初めて聞いたよ。

    当然 先生にお聞きしました。
    この尿崩症というのは、かんたんに言うと・・・・ いや簡単には言えないや。
    要するに、常におしっこをしたいという状況になるということらしいです。
    しかも一日大量のおチッコが出る。体内(腎臓)に水分を保存できないから脱水症状を起こす。
    そうすると腎臓負担が掛かかり、BUN値が上昇する。
    という感じでしょうか。

    で、その疑いがあるかもしれないので、6月の中頃から点眼による治療を始めました。


    ネットで調べましたが、ウーーム 難しい。。。 さっぱり判りません。

    以下はチョッと難しくなりますが、尿崩症の医学的説明です。
    続きを読む
    Category: きい太の事 Comment:14  Trackback:0
    2012
    06.20

    【 ごはん いらなぁ~い!・・・ 母しゃん 大反省 】

    おはようございます。 チーです。

    台風4号で被害に遭われた地域のみなさま お見舞い申し上げます。

    母しゃんの会社でも、時間を切り上げて退社致しました。
    みなさまの所は大丈夫でしたでしょうか??
    昨日の予報では、今夜遅く・・・って言ってたんですけど、速度がかなり早かったようで
    近畿地方はあっと言う間に通り過ぎて行きました。

    でも今頃って、普通なら大陸(ロシア・中国)に高気圧が張り出し、日本列島には梅雨前線が停滞してるから
    もっと南下した所を通過するだけで、日本には近づかないんですけど、やはり地球温暖化のせいで、
    地球自体がおかしくなってるって事ですかね。。。


          azisai01-004.gifazisai01-004.gif  lin_kasa02.gif  azisai01-004.gifazisai01-004.gif



    <今日もすみません。長くなります>続きを読む
    Category: きい太の事 Comment:6  Trackback:0
    2012
    06.14

    【 きぃ太 うるさい そして復活~! 】

    おはようございます。
    (今日は、きぃ太のお写真が最後にあります。 元気になったきぃ太を見てやって下さいね)

    今日は 梅雨の中休みとでもいうのでしょうか、朝からとってもいいお天気です。
    早起きをしてお洗濯とお布団を干して来ました。

    朝 早く起きるのって 気持ちがいいのねぇ~~~!! って しみじみ感じた母しゃんであった。(・・・だったら、早く起きろよっ   



    しかし 元来 ※低血圧気味のアタクシ、朝はキツクて起きられないのよぉ。。。
    (※低血圧=朝が起きられないと言うのは、医学上なんら関係性は認められておりません)

    したがいまして、単なる寝坊助なだけ。。。(^∇^〃)o_彡☆あははははっ


    そのアタクシが、なんで早起きしてるのか って 

    それは・・・ 父しゃんが出勤する時間が早いからなのです。(  エッヘン!一応主婦ですから ← 威張れる話?? )
    だから、仕方なく起きてます。。。← こんな時しか、早起きは致しませんっ (えらそーに言うなっ!! ハイっ!! 

    アタクシの事など、どーでもよい。  それより きー太です ・ きー太。続きを読む
    Category: きい太の事 Comment:18  Trackback:0
    2012
    06.13

    【 翌日も 元気はありません。。。 】

    こんにちわ~。(今日も画像がありません。すみません)


    昨晩は、何事も起きず眠れました。
    夜中に一度、ちょこっと起きて「キューン」と小声で啼きました。
    慌てて飛び起き様子をみましたが、きぃは何事もなかったようにまた眠りにつきました。



    001.gif



    <6月11日(月)>
    翌朝もやはり元気はありません。

    父しゃんが「病院へ連れて行くわ」と言ってくれましたので、私が気になっている事柄を先生に聞いて
    くれるようお願いし、出勤致しました。

    私が気になったこと。
    ・1・2週間前に、喉もしくはその近辺がゴロゴロいってた。
    ・異物を食べていないか。
    ・1年前の今ごろも、肺炎を起こしていた。
    ・お口の周りがまた剥げてきだした。


    父しゃんも気になったことがあったらしく、その事を言ったそうです。(ちゃんと言えるんじゃん!)
    私が聞いてほしい事も伝えると、レントゲンを撮りますと言って下さったそうです。


    11時半ごろ携帯がなりました。 父しゃんからです。
    えぇっ?? 何かあったの?!と内心ビクビクし、恐る・恐る出ました。

    すると、電話の向こうで元気な父しゃんの声。

    「どしたん?? なんかあった??」

    「病院から帰って来てからチョッと元気が出てきたみたいで、きぃが、ワンって啼いたぞ!!」 って。

    「ほんと~ そりゃよかった!」

    ここ2日間、きー太の声を聴いてませんでしたからね、余程嬉しかったんでしょう。



    lin_ajisai02.giflin_ajisai02.gif続きを読む
    Category: きい太の事 Comment:10  Trackback:0
    2012
    06.12

    【 きい太くん 元気がありません 】

    おはようございます! チーです。

    近畿地方も入梅しました。  
    これから約1ヶ月間、どんよりしたお天気になりますね。
    お洗濯物がスッキリ乾かないんで、ヤダなぁ~。



    lin_ajisai03.giflin_ajisai02.gif




    前ブログできー太の近況を「元気です!」ってご報告したばかりなのに、今週日曜日の夕方から元気が
    ありません。 
    (以下画像もなく、文章だけですみません。)

    それまではまったく変わりなく過ごしていたのに・・・
    母ちゃんが変だな?って気付いたのは、みんなに夕食の支度準備を始めた頃です。
    毎回 私の周りにハイエナの如く集まって来ては、何か落っこちて来ないかと母ちゃんの手元を突き刺す
    ような眼差しで見つめています。
    (母ちゃん面白くてね、たまにキャベツの芯なんかを落としてあげるんですよ~)
    そりゃもう取り合いです。 うちの仔達、みーんな食い意地が張っているんです。o(*^▽^*)oあはっ♪

    ところが、そこにきー太の姿はありませんでした。
    続きを読む
    Category: きい太の事 Comment:6  Trackback:0
    2012
    06.06

    【 きい太のその後 】

    こんにちわ チーです。

    前回のきい太ブログよりずいぶん空いてしまいました。。。
    その後も 通院中の きい太くんですが、すこぶる元気です。 いや元気過ぎるくらいデス  


    先生から
    「ウンPの色やチッコの色、食欲の有無や水飲料などをしっかり観察してあげて下さい。
     すこしでも変化があれば、すぐに来て下さい」

    っていわれておりますからね、母ちゃん 毎回チェックは目を皿にして見てますよ。
    でもきー太くん よっく食べ、毎回よいウンPを投下しておられます。

    だから昨日の検診で、なんとめでたく 1.9k になりました。



    やっほっーい! 目標達成ですよぉ~~~   



    0-76.png続きを読む
    Category: きい太の事 Comment:14  Trackback:0
    2012
    04.06

    【 きい太 病気なのぉ?!の続き 】

    こんにちわ チーです。


    きい太の続きです。

    病院から帰ってきたきい太くん。 
    とっても とっても とっても とっても とっても とっても   元気ですよ~。  

    相も変わらず、よく食べ・よく遊び・よく寝て 絶好調~ 
    おまけを付けると、チッコもウンP こちらも絶快調~~。


    ほんま どこが悪いんや  
    いや悪い所なぞ ありゃしない  と思わせてくれています。(キー太の元気だけが、救いです)



    4.png4.png


    ≪3月31日 受診日≫
    入院していた時、外部へ出して頂いてた検査結果を聞きに行きました。

    その前に、血液検査。
    案の定 まだ注射針を刺されていないのに、この世の終わりと言わんばかりに鳴きちらす。。。
    母ちゃんが思うに、看護師さんに固定されるという行為自体が怖いんだと思います。
    散々喚き散らし、検査結果が出るまで待合室へ。
    母ちゃん 汗タラもんですわ。

    しばらくして、呼ばれ診察室へ。
    キー太くん ヘタレてます。

    「この検査結果を見ると、強いてという悪い数字は出てないんですけどねぇ・・・」
    「えっっ


    「エッッ  なにかあったんですか

    「いや、やっぱりタンパク数値が高いなぁと思って...」

    先生が検査結果と睨めっこして「えっ!」なんて言うもんだからさ、かなり悪い結果が出てたのかと一瞬
    血の気が引きそうになりましたけど、な~んだ そんなことかって思っちゃいました。


    で、血液検査の結果。

    BUN値 : 75
    CK値  : 51

    BUN値は相変わらず高いけど、CK値は前回からグーーンと下がりました。

    「今回と前回の検査結果を踏まえて言うと、筋肉の壊死・痙攣と言う可能性は非常に低い。
     したがって、今週予定をしていた筋肉を切り取るという手術はしないでも大丈夫でしょ」

    と仰って頂き、最悪の状況からは回避出来ました。

    よかった・ほんとに よかった!!  先生の言葉を聞きながら、なんども心の中でそう叫んでいました。


    でも問題は BUN値が思うほど下がっていないというです。
    点滴をした時には、若干低下したものの今回はまた上がってる。
    先生も首を傾げられていました。

    「この検査結果をもとに言うと申し訳ないですが、よくわかりません。 
     もう一つ調べたい事があるのですが、もしかしたら疾患の特定は難しいかもしれません。 
     しかしながら、この数値が高いのは安堵できるものではありません。
     腎臓と言うのは簡単に言うと、必要なモノは取り入れ、不用なモノは外に出すと言う働きをする器官ですが、
     きい太の場合、もしかしたら数値は高いけどそれなりに自分の中でうまく消化吸収して、均衡を保っている
     のかもしれない」

    と言うのが、先生の見解でした。


    7.png7.png


    他の検査など 先生 なんぼでもやって頂いて結構ですわ。
    とにかく今は「最悪の状態」にならなかっただけで、母ちゃんは心底ホッとしましたよ。

    毎回のお散歩のとき、もしかしたら来年、もしかしら再来年、こうやって元気にお散歩しているキー太の姿が
    見られなくなるんじゃないかと思っただけで、後ろ姿を見ながら涙ぐみ胸が痛くなり締め付けられていました。
    でももし仮に、キー太がどんな状態・どんな姿になろうと、キー太は私たちの家族です。
    最後まで諦めない!と言う気持ちは固まっていました。

    ココに遊びに来て下さっているお友達の皆さまも、もし愛しのわが仔がそんな状況になったとしたらきっと私と
    同じ答えであり、同じ気持ちになられることでしょう。

    今のところは、一安心です。


    今後のことですが
    週1で血液検査をして、BUN値を検査し様子をみます。 それしか今のところ方法はないのです。
    今後はどちらの方向に向いていくのか今の段階ではわかりません。

    が、、、、、、、、、

    冒頭にも記しましたが、せめてもの救い それはきい太がとても元気なことです。
    とっても 悪ガキです
    とっても よく食べます。
    とっても やんちゃです。
    いっぱい チッコをします。
    いっぱい ウンPをします。

    この 悪さには呆れますが 救われます。
    この 食いっぷりに 救われます。
    この やんちゃっぷりに 救われます。
    この どこでもチッコに 怒れます。
    この ウンPに 笑います。


    きい太 ・ キー太く~ん ・ きー ・ きーちゃん、元気だよね。 
    ことら兄ちゃんが りき兄ちゃんが もこ姉ちゃんが いつもそばにいるからね。
    なんの病気だかわかんないけど、病気なんかに負けるんじゃないよ~。
    それが 父ちゃん&母ちゃんの願いです。


    きい太のことについては、変化があればその時に更新します。


    ご心配をお掛け致しました。 
    ご心配を頂いた皆さま ほんとうにありがとうございました。




               最後まで読んでくださって ありがとうで~~す  


    にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ  よかったねのポチを頂けるとうれしいです。



     


    Category: きい太の事 Comment:11  Trackback:0
    2012
    04.04

    【 きい太くん 病気なんですか?! 】

    こんにちわ~ チーです。

    4月になっちゃいました。
    いやーーー 昨日の『春の嵐』は凄かったですねぇ~。
    会社からの帰宅途中、自転車ごと横滑りしましたもん。
    今日は寒いですが、比較的穏やかかな?

    通年なら今ごろもうサクラが満開なのに、まだ7分咲きくらい。



    illust4129_thumb.gif


    4月最初のブログが、楽しい話題ではないのです。
    「きい太の病気」の事について書きます。
    どうしようか随分迷ったんですが、ちゃんと残しておいてあげないと思いますし、もしきい太と同じ病気
    になった飼い主さんの少しでもお役に立てればいいかなと思いまして、思い切って書くことに致しました。

    内容的には、長く少し重たくなると思います。お時間の無い方はスルーして下さいませ。



    lsaku10.giflsaku10.gif




    事の始まりは3月15日の木曜日。

    わが家にお迎えして、6ヵ月が過ぎました。 
    来てすぐ肺炎を患いましたが、完治してからは健康そのもの。
    よく食べ・よく遊ぶ。 
    そのきー太が、珍しく下痢をしたんです。
    ビオフェルミンを飲ませて様子をみましたが、止まらなかったので18日に病院へ行きました。
    下痢の原因は「芽胞菌」によるもの。
    過去に聞いた名前だと思ったら、ことらが幼犬の時になったのと同じ。
    投薬を4日間飲ませ、お薬が無くなったら来て下さいと言われましたので25日に連れて行きました。
    本人いや 本犬は元気そのもの。

    わが家に来てまだ一度も健康診断をしておりませんでしたので、フィラリアの検査も兼ねてして頂いた結果、
    なんと腎臓のBUN値が異常に高いことが判明。

    BUN値: 通常7~27 
    きい太 : 98

    なんと3倍以上。 異常な数値です。


    これは精密検査をした方がよいとのことで翌日連れて来るように言われ帰宅しましたが、
    4時前に主治医から電話があり、
    「きい太に変わったことはないですか?」
    「いえ 別に。元気にしていますが・・・」
    「実はあれから残った血液で他の検査したところ、腎臓のあの数値からすると他の数値も上がっている
     はずなのですが、他は問題ない。
     もしかすると、急性のものかもしれないのですぐ連れて来てほしい」

    とのことでした。


    電話を切って、すぐさま病院へ向かいました。

    「エコーやその他気になる所の検査をしたいので、今日はお預かりできますか」
    看護師さんに抱かれ連れて行かれる時、めちゃめちゃ不安そうなきい太。
    「きー太を一人 置いてかないでよっ」 って言っているように思えましたが、仕方ありません。

    母ちゃんだって辛いんだよ!  後ろ髪を引かれながら、きい太を預けました。


    お家に帰ってからも、落ち着くはずがありません。
    ご飯たべたかな? 寒がってないかな? 一人で寂しがってないかな?・・・と気になって・気になって。
    きー太 チョッと辛抱するんやで!と自分に言い聞かせました。



    007.gif



    ≪3月26日≫
    お昼過ぎ 先生から
    「点滴を投与したけれど数値は下がらず。 
     今の数値から言うとほんとに命に関わってくるかもしれない。
     ホルモンのバランスが崩れているのかもしれないので、その検査をしたいのですがいいですか?
     今日も帰れませんが、夜来院して下さい」
     と。


    夕方、病院へ行き説明を受けました。それによると
    「このBUN値が高いと考えられる病気として、腎炎・循環不全・尿路閉塞。
     しかしこのBUN値がこれだけ高いと Ca:(腎疾患や悪性腫瘍)やPhos:(重度の腎不全・上皮小体機能不全)も
     高くなってくるはずなんだけど、そこは異常なし。
     どうも原因は他にあるようなので、別の検査をした結果、うっすらと見えて来たのがあります

     それは CK値(筋肉の壊死・痙攣)
          通常値 : 10~200
          きい太 : 453
     実に2倍以上なのです。 
     この数値の高さから言うと、筋肉の病いかもしれないということです。」
     

    「えぇぇぇーーー!!  
     筋肉の病気?? 今 筋肉の病気って仰いましたよね?! それってなんですか?! 
     先生 命に係わる病気なんですか?
     筋ジスとか?? 
     筋力がなくなって、歩けなくなっちゃうってことですか??
     先生 きー太 どうなっちゃうんですか???」


    矢継ぎ早に質問する私に

    「落ち着いて聞いて下さいね。その可能性があるかもしれないと言う可能性をお話しているので、どこまでも可能性の
     域は出ません。
     もし仮にそうだとしたら遺伝性のものもあるし、そうでないものもあるので詳しくは生体検査をしてみないと
     なんとも言えないのです」


    「筋肉の病気」かもしれないというのを聞かされた私に、落ち着けと言われても落ち着けるはずなどなく
    すでに頭の中は真っ白でした。

    「どうしよう・・・」 そればかりを心の中で繰り返していました。
    でも先生には、その言葉など聞こえるはずもなく


    続けて
    「それを特定するためには筋肉を切り取り、生検に出す必要があるのです」

    「えっ 筋肉を切り取るんですか??」

    「筋肉を取ると言っても、正方形に5mm程度です。筋肉はすぐに再生するので心配ないですよ。
     今、カスミが掛かった状態のまま闇雲に薬や点滴の治療をするより、まずは病名を特定しそれから治療方法
     を考える方が賢明だと思います。
     今日もう一日お預かりして、引き続き常時点滴をして様子をみます。ほかの検査もしてみます。
     それで、明日は一旦お家に帰りましょう。 夜お迎えに来てあげて下さい」



    頭を叩かれたような衝撃と同時に震えが来て、全身の力が抜けて行くようでした。


    他にもいろんな角度からお話をして下さっていましたが、今 冷静になって書き残しておこうと思っても
    これ以上、先生の言葉を蘇らせることが出来ません。


    きー太にとっては、お兄ちゃんやお姉ちゃん、そして父ちゃん・母ちゃんのいない環境におかれるのは
    初めてのことです。
    しかもあの小さな身体の手には点滴をされ、誰もいないケージの中で寂しさと不安に耐えているのだと思うと、
    胸が張り裂けそうでした。


    きー太が、死んじゃうかもしれないっっ!!

    きー太 一体どうなっちゃったの??  きー太の身体で何が起こってるの??
    あんなに元気で、食欲も旺盛なのに、、、 

    その夜は 病気の事を聞かされたのがショックなのと、キー太の事を考えるととても眠ることが
    出来ませんでした。
    まだ病気と決まった訳でもないのに色々と考えてしまい、苦しくて・辛くて、涙が溢れました。
    でもいくら泣いても叫んでも、どうなるものではありません。

    今は、原因を追究するのが先決だと思うようにしました。
    いまは先生にお任せするしかないと。

    そして、きい太はぜったい「大丈夫!!」そう自分に言い聞かせました。



    hana12.gifhana12.gif



    ≪3月27日 夜≫
    きー太のお迎えに行きました。
    「身体が小さいのであまり強いお薬は入れられないけど、昨日より少し強く(点滴を)しました。
     今日の検査では 
     BNU値が 54 
     CK値は 111 まで下がっています。 
     このまま順調に下がってくれればいいんですけど。
     
     食事は腎臓サポートの食事をさせて下さい。それで今週末、31日に来院して下さい。
     その時には今検査に出している検査結果も出ているので、今後の事はその時に相談しましょう」


    「わかりました。よろしくお願い致します」
    とお願いして、きー太を連れて帰りました。


    026849.png


    3日間一人っきりと言うのが余程堪えたのでしょうか?
    家に着くなり、きー太はものすごく喜んで・喜んで、ことら達の後をくっ付いて回ってました。
    体当たりをしたり、ちょっかいを出して怒られたり、家中を走り回っていました。
    お家に帰れたのがうれしくて仕方なかったのでしょう。

    こんなに元気なのに・・・・ どうして・・・・ 
    ほんとはどこも悪くないんやないの? 間違いやない?という疑念が頭の中を巡りましたが、
    検査上の数値だけをみると、それを否定することは出来ません。



    人間の場合、肝臓や腎臓は「物言わぬ臓器」と言われ、自覚症状はほとんどありません。
    自覚症状が出て病院へ行った時には、手遅れと言うことがほとんどです。
    自覚症状がない限り、表面化してこないということです。
    動物も、同じことが言えるのだと思います。
     

    31日の検診の結果は、続きに書きます。
    またきい太のこれからの様子や治療法は、これから都度ご報告させて頂きます。



                 ~~ すみません。コメント欄は閉じさせて頂きます ~~
    Category: きい太の事   Trackback:0
    2012
    01.10

    【 きい太 1歳になりました 】

    こんにちわ~~ チーです。

    えぇーー 2日前のことになりますが、、、、
    1月8日は 遅ればせながら きい太くん 1歳のお誕生日でございました。

    きい太が家の仔になって、まだ4ヶ月。
    ・・・なのに、もう1歳のお誕生日を迎えました。


    初めてきい太と会った時「家の仔にする」と決め、父ちゃんに内緒でお家に連れてかえったんだよね。
    8ヶ月になると言うのにとっても小さくて、全体的に毛ぶきも悪く、短毛じゃないけど全体が薄いって感じ。
    手・足・口の周りはハゲハゲ状態。
    おまけに風邪を引いているのか、咳をしてた。
    母ちゃん「早くここから連れて帰ってあげたいっ!!」ていう衝動にかられちゃったんだ。

    父ちゃん、見るなりメッチャ不機嫌になったよな。
    了解もなしに連れて帰ったんだから、当たり前だけど。

    その日はゆっくりさせ、翌日掛かりつけの病院へ連れて行き1週間お薬を飲用させましたが、咳は止まらず。
    その後1週間・1週間と飲用させましたが、やはり咳は治まりませんでした。
    普通の風邪なら治るはず・・・ と言うことでレントゲンを撮った結果、
    やはり「肺炎」を起こしてました。
    それから、また抗生物質のお世話になること1ヶ月半。やっと肺炎が治りました。

    それからは、皮膚病の治療に入りました。継続ちう。

    サプリメントも飲んでますが、いまだ成果なし。
    手と足は幾分かは毛も生えて来たけど、お口の周りはまだ治ってません。
    痒いのか、掻いてはキュンキュン鳴いてる。
    完治するまでは暫く掛かるかもしれないけど、気長にがんばろーね!


    きい太は、最初っから手の掛かる仔だった。
    連れて帰った時にはすでに肺炎になってたし、皮膚はボロボロだし。

    父ちゃんも最初はどーすんねん!!って言ってたけど、今では母ちゃんよりきい太が可愛いみたい。

    でもね、こんなに小っちゃくても一生懸命生きてるんだって思ったら、母ちゃん愛おしくて・愛おしくて。
    「たとえ父ちゃんが反対しようが絶対家の仔にするっ!!」て心に決めて連れて帰ったんです。

    お誕生日の夜にきい太をお迎えした時の事を父ちゃんと話してて、父ちゃんがポツリと
    「家の仔になるために、きーは生まれて来たんや。やっぱり『縁が』あったんや! なあ きー太」
    って言ってくれたの。
    母ちゃん その一言がとっても嬉しかった。

    きい太 ほんとによかったね。
    そして家の仔になってくれて ありがとう。
    これからも、よろしくなっ!!



    でもさぁ 生まれて初めてのお誕生日に 母ちゃんのギックリがまだすっきりせず、
    可哀そうに何の準備もしてあげられなかった。
    発症から3週間も経つのに、まだ痛みも取れない。
    「冬にギックリをしたら、1か月は罹るで!」って同僚に言われたけど、ほんまですわ。
    立ち座りにはまだ痛みが伴いますが、昨日ぐらいからやっと普通に歩けるようになりました。


    きーちゃん ごめんよ!!
    今週のお休みに、ささやかながら1週間遅れのお祝いをして上げようと思っています。
    お写真だけは 記念に撮ったので後でUPします。

     
    Category: きい太の事 Comment:13  Trackback:0
    2011
    10.17

    【 2週間毎の検診 】

    おはようございます。  チーです。

    またまた ご無沙汰でした。

    3連休 父ちゃんとお友達4人で何年か振りの旅をして参りました。
    帰ってその記事をUPしようと書き始めたのですが、PCの調子がすこぶる悪くて画像のUPができましぇーーん!!
    (なんだよっっ!!怒)
    ノートなんで容量がMAXになっちゃってるの??
    それとも・・・・寿命か??
    でもね、今年だっけ??頂いたばかりなんですけど、、、、

    やっぱ あれなんですかね?!
    使ってなくても、古くなるとダメなんでしょうか?? (あ"-- 恐ろしやっ!)

    旅記はそのうちにUPします。(いつ? → そのうち)



    で 今日は キー太のご報告です。

    キー太くん ただ今2週間毎の検診に行っております。
    昨日 お薬がなくなりましたので、検診に連れて行きました。

    飼い主の見た目では、よくなっているようにも思えるし変化がないようにも思えるし。。。
    よーするに、あまりよくわからないんですよ。
    当初から比べると、良くなっていると思います。

    <血液検査の結果>
    前回の検査で20.2あった白血球値が、17まで下がってました。
    ヽ(^◇^*)/ ワーイ・ワーイ パチパチパチo☆o
    検査結果に記載されている数値が 20.200 なのか 2.020 なのかがよくわかりませんが、
    とにかく下がったことは事実です。
    正常値は 8~12 らしいので、それから見るとまだまだ数値的には高いです。
    が 3 以上も下がったという事は、お薬が効いていると言う証拠ですよね!

    キー太もお薬も嫌がらず、一生懸命飲んでくれます。
    キー太 頑張ってるよね!!
    えらいぞっっ!!って抱きしめちゃいました。


    そこで 母ちゃん恐る・恐る先生に、再度聞いてみた
    ma7-kao6.gif 「あのぉ~ 先生 キー太は治りますよね?」

    すると
     「治してあげないとね」
    と言う回答が返って来ました。   ・・・・が、それは前回も聞いてます。

    再度
    ma7-kao6.gif 「治らないかもしれない可能性もあるってことですか??」


     「治らないんじゃなくて、慢性化しないように、治療していかなきゃね」


    ま・慢性化??!!
    肺炎って慢性化するの????



    先生曰く、慢性化した仔は、風邪を引くとすぐ肺炎になってしまう可能性が高いそうです。
    キー太もきっと肺炎になってたのを気付かれないまま、今まで来たんだと思うのです。
    なので、すでにキー太の場合どれくらい前から今の状態だったのかがわからないので、推測の域はでないけど
    慢性化になっている可能性も否定できないと言うことなのでしょう。

    また2週間のお薬を頂いて帰って来ました。
    「2週間前と比べて数値が落ちているので、今のままもう2週間同じお薬を飲ませて下さい。
     再検査をして数値がほとんど変わらなければ、お薬を替えましょう」
    と仰っていました。

    あともう少しだ。
    キー太 がんばろっーーー!!

    「きっと治る! ぜったい治してあげるからね!」 と固く心に誓った母ちゃんです。


    1P1040491.jpg

    ma7-kao1_20100803170005.gif お薬はほんとだけど、いい仔にはしてないジャンっっ!!


    みなさま ありがと。

    Category: きい太の事 Comment:5  Trackback:0
    back-to-top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。